外国人と出会ったら、おもしろい話がいっぱい!独り占めするのはもったいない❤

英語で家族について紹介する時・・・sisterてどっち?似てるって?

はじめに

このサイトは英語を教えるサイトではなく

英語が苦手なんだけど、

覚えたい、覚えなくてはいけない方に、

スポンサードリンク

「あれ?英語って、面白いのかも!」と

興味をもつきっかけになれたら…

と思っています。

筆者catがいろいろな国の人々と接する中で、

「何それ!面白いヾ(*´∀`*)ノ」

と感じた話を、少しずつ綴っていきますが、

筆者catが外国人に話した内容については、

文法しっちゃかめっちゃかなことが多いです。

英語レベルは低いけれど、

それでも外国人との会話は楽しめています。

もし英語に興味を持ったなら、

「正しい文法」については、

素晴らしいサイトや教材がたくさんあるので、

そちらにお任せ!

このサイトは、友達とのお喋りのように、

「へぇ~!それ面白いね。」という感覚で、

読んでもらえると嬉しいです。

英語で家族について紹介する時・・・sisterてどっち?似てるって?

英語で家族について紹介!sisterってどっち?義理の父を英語にすると?

日本人同士でもそうですが、

外国人とある程度仲良くなると、

家族の話をすることもあります。

そこでも「おもしろいなぁ・・・」

と思うことが度々ありました。

ダニーの話を聞いている時のこと。

sisterだけは聞き取れたので、

家族の話をしている

ってことはわかりました。

でも、お姉さんもsisterだし、

妹もsisterって、学校で習いました。

あれ(・_・)?どっちの話???

もしも、お姉さんと妹、両方いる人は、

どうやって区別して紹介するの?

答えは・・・

お姉さんならolder sister、

妹ならyounger sister。

聞いてみれば簡単でした(*≧∇≦*)

でもでも、ここでまた疑問が!!!

ダニーはsisterしか言ってなかったんです。

olderもyoungerも言わなかった。

それとも聞き取れなかっただけ???

確認してみたら、

やっぱりsisterしか言ってなかった!

お姉さんなのか妹なのか、

区別して話すことはあまり無いそうです。

どっちが年上とか年下とか、

気にして区別しちゃうのは、

日本人だけってことかしら(^◇^;)

英語圏では、姉でも妹でも、

どっちが上でも下でも、

どうでもイイことだから、

特に区別しないのかな・・・

と思いました。

それとは対照的に、

明確に区別されていて

おもしろいと思ったのが

義理のお父さん」。

これを教えてくれたのは

サイモンだったかな。

英語で「義理のお父さん」は

2つあるんです(*≧∇≦*)

1つが step father で、

もう1つが father-in-law

この2つの違い、わかりますか???

聞いたら「なるほど!」でした。

step fatherがお母さんの再婚相手。

日本語の堪能なサイモンは、

step fatherは継父(ままちち)のことだよ。」

なんて言うから、

一瞬何のことかわかりませんでした(*≧∇≦*)

そして、father-in-law

配偶者のお父さん、

つまり旦那さんやお嫁さんのお父さん。

「法律上のお父さん」

といったところでしょうか。

日本では、どちらも

「義理のお父さん」だけれど、

英語では区別されているんですね(*´∀`*)

step fatherstepは、

もともとは、step sonというように、

子供に対して使われていたけれど、

今ではstep fatherstep mother

のように使われているのだとか。

ちなみにbirth fatherと言うと、

「実父」のことになります。

これはわかりやすいですね(*´∀`*)

さて、突然ですが、

ここでクイズです(*≧∇≦*)

fathermother

スポンサードリンク

つまり父と母が住んでいる家、

実家」は英語で何と言うでしょう?

これ、聞いたら「なぁんだ(*≧∇≦*)」

ってくらい簡単なんですけど、

思いつかなかったんですよ~💦

デイビッドに教えてもらった時、

「どうして、こんな簡単なの、

 思いつかなかったんだろう(*´>д<)」って、

ちょっぴり悔しかったので、

クイズにしちゃいました(*≧∇≦*)

答えは、parents’ home

つまり「両親の家」。

そのままなんです(^◇^;)

parents’ houseでもイイようです。

正解した方、いましたか???

もしいたら、catよりぜんぜん

英語得意さんですよ♪

英語で「似てる」って言いたい!simiarの使い方。

親子や兄弟、姉妹だと、顔が似ていたり、

性格が似ていたり、時には

寝相が似ていたりしますよね?

もちろん、他人の空似もあり、

ものまねをして「似てる~(*≧∇≦*)」

なんてこともあります。

この「似てる」って表現、

何て言えばイイのかわからなくて、

sameだと「同じ」って意味だから、

samelyって言えば「同じっぽい」

みたいな意味になって、

「似てる」のニュアンスかな・・・

そんな風にあれこれ考えて、

口に出してみたことがありました。

でも、残念ながらハズレ(^◇^;)

ズェラードが教えてくれました。

samelyだと「同様に」って意味で、

ほぼほぼ同じ!

ということになっちゃうそうです。

「似てる」って言いたい時は、

similarが正解。

彼女と彼女のお母さんが似ているなら、

She and her mother are similar.

catは、このsimilar

って単語に聞き覚えがなくて、

sameに似てるヤツが『似てる』」

とこじつけて覚えました(^◇^;)

sとmしか共通してないから、

かなり苦しいですね(;´Д`A

でも、覚えられたからOKです♪

ついでにお話しすると、

catは、間違ってはいたけれど、

samelyと口に出したことで、

similarを教えてもらって

覚えることができました。

失敗は成功の基って、

こういうことじゃない?ヾ(*´∀`*)ノ

どんどん口に出して使ってみましょ♪

英語で「似ている」って言う時にも!lookは使える単語!

「美味しそう!」「いいね!」相槌(あいづち)になる英語教えて!

で、美味しく見えるという表現で、

「美味しそう!」となる話をしたの、

覚えてますか?

It looks tasty.でした。

このlookを使って、

「似てる」って言うこともできちゃいます。

She looks like Beyoncé.

と言えば、

「彼女はビヨンセのように見えます。」

つまり、「ビヨンセに似てる!」

って意味になります。

はい。渡辺直美のアレを

思い出しながら書いてます(*≧∇≦*)

likeが「~のように」

という意味なんですね~♪

「美味しそう!」を覚えられた人は、

「似てる!」も覚えられます(*≧∇≦*)

ホント、このサイトに出てくる英語って、

繰り返しまた出てくるでしょう?

だってネイティブと実際にお喋りして、

使った英語ですもんね。

超実用的なわけです(*´∀`*)

「catの英語レベルが低いから、

 簡単な単語しか使ってない」

という話もありますが(^◇^;)

でも、洋画に出てくる英単語の8割は、

中学英語だそうですよ(*´∀`*)

そう考えるとハードル、

めっちゃ下がりますよね?

やってるうちに物足りなくなって、

難しいこと覚えたくなったら

テキストでもスクールでも、

自分で選んで、いくらでも

ハードルあげればイイと思います。

自分であげたハードルなら、

越えられそうですもんね(*´∀`*)

catは、まだまだしばらく、

この低いハードルのまま、

「楽しい!!!」

を第1にやっていこうと思います。

【筆者より】

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

少しでも楽しんでいただけたとしたら、とても嬉しいです。

まだまだ話したいネタはたくさんあるので、またご紹介しますね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。